這い回り跡 生痕化石

この這い回り跡の生痕化石は新生代古第三紀始新世(約5000万年〜4000万年前)の化石ので沖縄県名護市安部海岸の嘉陽層から採取したものです。 また天仁屋の海岸では国天然記念物の褶曲地層があり、這い回り跡の生痕化石が見られます。

  
安部で採取した這い回り跡化石
  
天仁屋で見た這い回り跡化石1
 
>   天仁屋で見た這い回り跡化石2

 ホーム