金沢城:石川門・菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓・河北門
「金沢城:菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓」 「石川門と石川櫓」 「河北門」 「金沢城」
菱櫓、五十間長屋、橋爪門続櫓は延べ床面積1894.23平方mの復元建物で、石川門や三十間長屋と同様、鉛瓦や海鼠塀が外観。明治以降に建てられた木造城郭建築物 としては全国再最大規模で、3年4ヶ月をかけて造られ平成13年7月に完成した。3層3階の菱櫓と橋爪門続櫓を2層2階の五十間長屋でつないでいる。河北門は金沢城 の実質的な正門で2年半の歳月をかけて平成22年4月に再建され130年ぶりに蘇った。


↑大手門に向って大手掘り前を歩く

↑大手掘 (大手門)の石垣 (

↑大手門 から金沢城公園に

↑大手掘のカメ

↑橋爪門続櫓・五十間長屋・菱櫓を背に

↑河北門一の門

↑河北門二の門

↑金沢城マップ

↑大手門 (大手掘)の石垣の説明板

↑大手掘のサギ

   ↑河北門と橋爪門続櫓・五十間長屋・菱櫓を背に
 

↑河北門一の門の説明板

↑河北門二の門の説明板

  ↑橋爪門続櫓・五十間長屋・菱櫓と河北門二の門(左から)

↑橋爪門続櫓・五十間長屋・菱櫓

↑三十三間長屋 (重要文化財)

↑石川門二の門の前で

↑石川門と石川櫓

↑金沢城構内に金沢大学があった

↑石川門と石川橋

↑石川櫓と石川門 、手前は元百間掘(1966年)

↑石川櫓と石川門の前で (1975年)

↑菱櫓から石川門、兼六園を望む

↑金沢城本丸跡へ

↑石川門の説明板へ

↑石川門一の門

↑金沢大学卒業式の後、金沢城石川門前で (1967年)
↑百間掘の説明板
↑石川櫓と石川門全景(冬の夜景 1966年)

↑石川橋の上で

↑石川門構内の石垣の前で (1967年)

↑石川門への石川橋の上で (1967年)

↑石川門二の門の石垣の前で

↑お堀通り(元百間掘)を人力車に乗って1

↑石川橋の上で

↑お堀通り(元百間掘)を人力車に乗って2

 ホーム