金沢犀川の化石 「大桑層との出会い」

飼い主が化石採集を始めたのは、金沢の「夕日寺化石広場」で 初めて化石を採集した時からです。 石川県の金沢市から富山県にかけての140万年前から80万年前の海底に堆積した地層を大桑(おんま)層 と呼び、多くの貝化石を産出します。金沢市の犀川の露頭で貝類、ウニ、魚の耳石などが採集できます。 下の写真は犀川の大桑層の貝密集層と当地で採集した貝や魚の骨などの化石です。

犀川・大桑層全景

犀川化石密集層

露出した ホクリクホタテ

とヨコヤマホタテ

貝類の化石

魚、ニウニ、サンゴの化石


ホクリクホタテ (両殻揃い)

犀川大桑層で採集した貝化石

 ホーム