三明寺三重の塔(愛知県豊川市) 「三明寺」
三明寺は鎌倉初期大宝年中(694〜703)に文武天皇の招を受けて建立。幾度の戦火にあり消失し再建された。現存する諸堂の中で最も古い塔は、享禄4年(1531)の建造である。 一層、二層が和様、三艘が唐様の珍しい構造である。以前に住んでいた豊川の家から近くたびたび訪れていた。前の紅葉とのコントラストが美しい

 ホーム