「越前一乗谷 」 「越前一乗谷城」
一乗谷城は、朝倉氏5代、約100年の居城であった。川を挟んで東側には朝倉館、西側に戦国時代の城下町の跡で400年以上もそっくり埋もれていた発掘された武家屋敷や町屋などの 町並が復原されていて、当時の城下町の姿を偲ぶことができる。愛知県豊川市から関ヶ原経由で石川県に帰省する途中に訪れた。


↑復元された武家屋敷跡

↑第5代義景が住んでいた朝倉館跡

 ホーム