松 任(まっとう) 加賀千代女
 松任(今の白山市)は「朝顔や つるべ取れて もらい水」の句で有名な江戸時代の女流は俳人「加賀千代女」の出生地である。 松任駅前に加賀千代女の「百なりや つるひと筋の 心より」と書かれた俳句ポスポストがある。また松任は国鉄時代から列車の修工場があり、 駅前にはSL D51822が展示されている。








 ホーム