大 山 田 村

三重県阿山郡大山田村の服部川流域には、約400万年前の第三紀鮮新世の古琵琶湖層群上野累大山田層が分布しています。 この大山田層より多数の淡水棲動物化石や爬虫類、鳥類、哺乳類の骨や歯の化石が採集できます。ここでは象足跡化石が見つかっており、 今でも見ることができます。イガタニシ、オオヤマドブガイなどの貝類やコイ科魚類などの咽頭歯が多く採集でき、ワニの歯が稀に見つ かります。コイなどが泳ぎ、ワニやカメが住み、象やシカなどの哺乳類が水を飲みに訪れる湖であったことが想像できます。

服部川の化石層

ドブガイ化石

コイの咽頭歯化石

ワニの歯化石(T氏採集)

スッポンの化石(T氏採集)

象の足跡化石

 ホーム