< 識名園<
識 名 園 :世界遺産 「世界遺産 識名園」 「識名園」
    

世界遺産の標識の横で   
世界遺産

「琉球王国のグスク
および関連遺産群」
「識名園」
(しきなえん)

識名園は、王家の別邸と庭園、王族の保養の場として使われただけでなく、中国皇帝の使者である冊封使を接待する場としても使われ、王府の外交面において重要な役割を果たした。

↑識名園  御殿と池の浮かぶ六角堂

↑識名園入口

↑御殿への石畳に道と番屋の建物

↑第1の石橋の上で、向こうは御殿

↑御殿からの池の向こうの六角堂と第2の石橋

↑池に浮かぶ六角堂 (あずま屋)の前で

↑池に架けられた第2、第3の石橋

↑井戸口 (育徳泉)と碑 (左)、池の水源

↑入口からの石畳の道で

↑池が見える御殿への道

↑御殿の建物全景 建物内見学可能

↑御殿の屋根の赤瓦

↑御殿の建物内部 (一番座から三番座)

↑池に架かる第2の石橋の上で

↑池に架かる第3の石橋の前で

 ホーム