赤線> 渡名喜島
渡 名 喜 島 (となきじま) 渡名喜島 2015年5月21日〜22日
 渡名喜島は沖縄本島の北西約60Kmで那覇市泊港からフェリーで2時間余りかかり、久米島、慶良間諸島、粟国島のほぼ中間に位置する。
久米島を歩いた帰りに渡名喜島に寄り、島をほぼ歩一周した。島には赤瓦の古民家、珊瑚の石垣、フクギが並ぶ砂道の町並が残っており、「重要伝統的建造物群保存地」に選ばれている。
集落はフェリーターミナルがある平坦な北西部に集中しており、島の南部、北部は山が多く、頂上近くにある展望台から上記の諸島がパノラマ的に見渡せる。
 また渡名喜島は2008年に作られた映画「群青:愛が沈んだ海の色」の撮影地として使われた。


. 渡名喜島全島図 (赤線が歩いた所)







↑フェーリーから見た渡名喜島西側 (新谷壽一作)
渡名喜島に上陸


↑渡名喜島港全景 (フェリーより)
























↑大本田展望台よりみた黒島、慶良間諸島(説明写真より)


↑アンジェラ浜、シュンザ、西森園地を望む

   ↑島尻崎を望む

   ↑島尻崎の海

↑麦畑、シュンザ(屏風崖)、西森園地を望む





↑島尻毛へ向う

↑島尻毛散歩道を歩く

↑島尻毛散歩道から慶良間諸島を望む















↑西森園地展望台から見た渡名喜島東側 (新谷壽一作)

 




↑サカシ散歩道で、左は港、右は入砂島





渡名喜島集落







↑一番深い家、暴雨風対策のため、高低差1m55cm

↑集落唯一の島豆腐を作る店





↑渡名喜島集落の町並(↓夜はライトアップ)



↑里御獄 14〜15世紀頃のグスク時代の遺跡

映画「 群 青 gunjou 」撮影地





↑仲村家」跡、映画「群青」の中心撮影地









スケッチ

 ホーム
「2015年の日記へ」