豊川稲荷(豊川閣妙厳寺):日本三大稲荷 豊川稲荷1 豊川稲荷2

    

豊川稲荷 参拝案内図 
商売繁盛の神様として全国的に知られる豊川稲荷。豊川稲荷は、およそ、600年前の室町時代に開創され、今川義元、織田信長、豊臣秀吉、 大岡越前守忠相、渡辺崋山などの武人、文人達の信仰を集めました。 京都の伏見稲荷とともに日本三大稲荷とされ、年間数百万人の参拝者が訪れる。 豊川にいた時には家から近く、毎年正月に初詣でをした。
    

↑豊川稲荷への参道

↑豊川稲荷前で(豊川に引越して来た時)

  ↑大本殿への道、正月は参拝する人で埋まる
↑大本殿の正面の大きな提灯

  ↑総門から見た参道の商店街

↑総門の説明板

↑大本殿 高さ百尺余り

↑大本殿の説明板
    

↑大本殿のキツネ像(左)

    ↑大本殿のキツネ像(左)と

↑大本殿のキツネ像(右)
    

↑景雲門(山門):安政5年(1858年)建立


↑景雲門(山門)の説明板

    

↑豊川稲荷に参拝(両親)

  ↑魚眼レンズで撮った大本殿への道

  ↑大本殿の入口のキツネ像の前で

 ホーム