瑞 龍 寺(富山県高岡市) 瑞龍寺 前田利長
富山県高岡にある瑞龍寺は曹洞宗の寺院で加賀藩2代の前田利長の菩提寺である。山門、仏殿、法堂が国宝に指定されており、総門から見た山門からさらに仏殿を見る事ができる 黄金比の建築構造である。瑞龍寺から延びた参道八丁道(870m)の西端には前田利長の墓所がある。その途中に前田利長公の銅像がある。
 

  ↑瑞龍寺総門

   ↑瑞龍寺山門から仏殿を見る

↑瑞龍寺山門前で

↑瑞龍寺仏殿と法堂の前で

↑瑞龍寺伽藍 配置図
↑山門の金剛力士像 

↑仏殿参の仏像

↑瑞龍寺 への参道
 

↑山門(中央:国宝)に向かう、右は大庫裏(重要文化財)、左は大茶堂(重要文化財)

 ホーム