名 護 市 街 「名護市」
現在住んでいる名護市は沖縄北部の中心地で自然が残っているやんばるの入口の街です。名護十字路を中心とした古い町並と国道58号線バイバス沿いの21世紀公園などの 新しい市街があります。また昔は島であった本部と本島が連ながって出来た名護湾は豊かな海の幸をもたらし、素晴らしい景観を見せてくれます。
名護の代表的な風景、建物、施設

↑名護市内航空写真(赤丸が住居場所)

↑ひんぷんガジュマル(名護のシンボル) 
 ↑白い煙り・黒い煙りの碑と看板

↑名護十字路(旧市街の中心交差点)
↑名護博物館(旧名護市役所の建物)

↑名護市庁舎 (建物の景観は奇抜)

 ↑ブセナ海中公園(海中展望塔)
↑名護漁港(セリ市場に並べられた魚介類)

↑名護漁港(セリ市場に並べられた魚介類)

↑名護漁港(船修理ドックとサバニー)

↑21世紀ビーチの海開き(手造りサバニー)

  ↑名護市営市場(名護十字路市場)

 ↑ネオパークオキナワの鳥の放し飼い

↑パイナップルパーク

↑名護城から名護湾と市街を望む

↑名護湾の夕焼け

↑21世紀ビーチ(遠くは名護港)

↑名護港(海の感謝祭の漁船)

↑名護港前の釣り場

↑名護ビーチ(対岸はブセナ岬)

↑21世紀ビーチ(海開きのミス名護)

↑名護市山入端の海

↑ブセナの沖縄サミットの会場

  ↑名護市民会館、中央公民館
↑名護球場(日本ハムキャンプ)

↑円形野外ステージ(21世紀公園)

↑ファマーズマ-ケット

 ↑オリオンビール工場


 ↑フルーツランド
名護さくら祭り








 ホーム
「2011年の日記へ」